株式会社パシフィックウエーブ 代表取締役・田中啓介のブログです。

2012年4月23日月曜日

目的と目標(その2 プロゴルファー 藤田寛之)

昨日、4月22日、今季2試合目にして早々とつるやオープンで藤田寛之プロが優勝を果たした。私(弊社)は2006年から藤田プロと専属キャディの梅原敦さんにジェルトロンのショルダーベルトのご利用を頂き、何かとご縁をいただいています。18日(水)も練習ラウンドとなるプロアマに同行させていただき、待ち時間に話をさせて頂いた。

4月24日号の週間パーゴルフに藤田プロと河瀬プロの師弟対談があり、その中の藤田プロのコメントの「賞金王を魅力とは思わない。なぜなら、賞金をいくら稼ぐかという問題は後からついてくるものであって、それよりも勝ち方とか、藤田寛之というプロファーに対する評価、そのあたりをもっと高めたいな。プロゴルファーとしての自分をもっと磨いて、周囲に何らかの影響を与えられるような存在になりたい。・・・・プロゴルファーは大勢いるけれど、『話を聞くならあの人に聞きたい。』『あの人なら本当のことを教えてくれそうだ』という存在になりたい。」という記事を読ませていただき、賞金王という目標ではなくプロゴルファーという表現手段をもって、人を喜ばせて人生を幸せに生きる(人の喜び=自分の喜び)という人生の目的を明確にもっておられることに感銘した、旨を伝えさせていただいた。藤田プロは「そうでしたか、ありがとうございます」と謙遜しながら答えてくれました。私はこのやりとりの中で、今年の藤田寛之は一段と強くなりそうだ、という予感を感じ、そしてその予感が直ぐに結果として現われたのが昨日の優勝であった。藤田プロの強い勝ち方には確固たる人生の目的意識の表れがいたるところに存在していたと思う。

藤田プロはGDOの優勝のインタビューで「優勝よりも生きざまやプレーから何かを感じてもらいたいです。一生懸命やっている姿から感じてもらう方がうれしいですね。40過ぎて頑張ってるねって言ってくる人には、皆さん自分なりの悩みがあると思うんです。僕は頑張っている姿を見せ続ける立場にいる。みんなもそれを見て頑張る。そこにプロゴルファーでいる意味があると思うんです。勝ち負けは自己満足、通過点にすぎないと思うんです」。と答えている。

私はいつも、目的と目標を明確に分けて考えることを徹底するようにしている。目的の的は「まと」であるから到達すべきところであり、目標の標は「しるべ」であるから通過しなければならないところ。要するに的に向かって進む上で確実に通過しなければならない標という捉え方が重要であり、目的のない目標は脆弱であり、命をかけるには値しないものと考えている。まさに藤田プロは、「勝ち負けは自己満足、通過点に過ぎない」と表現しているところに、勝つことや賞金王というポジションは目標として捉え、ゴルフという表現手段で人を喜ばす(人へのお役立ち)という目的を達成しようと努力を重ねていると改めて感じさせていただいた。

勝ち数や賞金は全て数字で表現できるが、人を喜ばすということを数字で表現することはできないものである。私は講演会などで「目的と目標の明確な分け方が解らない」という質問を頂いたとき、必ず『数字で表現できるものは殆どが目標であり、目的には成り得ないものであり、また目的であると錯覚してはならない』と答えている。