株式会社パシフィックウエーブ 代表取締役・田中啓介のブログです。

2019年1月18日金曜日

抱負と夢

皆様におかれましては心新たに良い年を迎えられたことと思います。

新年を迎えて今年の抱負をつくったり、夢を描いたり、未来に向けて様々な取り組みがなされるのがお正月です。今回は抱負と夢についてお伝えしたいと思います。

まず抱負とは具体的な実行計画と考えます。例えば高校野球で甲子園に出たいというのは抱負ではなく目標であり夢に値するものであり、その実現のために「毎日素振りを千回行う」というのが抱負ということになると思うのです。目標や夢の達成のための具体的な日々の実行計画が抱負ですからコツコツと積み上げていくものでなければならないということになります。

ここで、抱負というと前向きでプラス発想的なイメージがあるにもかかわらず、なぜ「負(まける)」という字が付いているのかということを疑問に思い調べてみると、負けるではなく「背負う」という意味だということのようです。だから、抱負というのは前に抱いて背中に背負うということになり、全身で実践するということになります。

次に夢ということについて考えてみると、目標として捉える夢と睡眠中に見る夢があり、睡眠中に見る夢は目が覚めた時に夢も終わるということから、人の夢と書いて儚い(はかない)と読むのはここに所以があると思うのです。では目標としての夢を考えると夢実現のための具体的な計画を立て、それをコツコツと実践していくしか実現というゴールに到達することができないわけであり、この地道なコツコツとした取り組みが辛くて苦しい場合が多いため、ほとんどの人が途中で挫折し諦めてしまうことからも人の夢は儚いということになったのではないかとも思うのです。それだけに描いた夢を実現することができるように、毎日実現のための様々な具体的な取り組みを実行し続けることが大切なのであり、実行し続けた人にこそ味わうことができる成功という通過点があるのだと思うのです。

ここで世界の著名人が残した夢に関するコメントを調べてみました。

「昨日の夢は今日の希望であり、明日の現実である(ロケット開発の父 ロバート・ゴダート)」

「夢を与えられれば、それを実現する力も必ず与えられる(鴎のジョナサン作家 リチャード・バック)」

「夢を見ることができるということは、その夢を実現できるということだ(ウォルト・ディズニー)」

「夜に夢を見るのではない、私は一日中夢を見ている、生きるために夢を見ている。(映画監督 スティーブン・スピルバーグ)」

「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし。(吉田松陰)」

この様に多くの人が夢の実現について言葉を残しているということは、まさに夢を実現することが如何に難しいかということであり、簡単に夢が実現できるのであれば誰もこのようなコメントは残さないはずです。

最後に成功とは人の役に立つという功績を成すことであり、決して多額のお金を儲けたり有名になることではなく、ささやかであっても「人の価値観ではなく自分らしく」人の役に立って人の心をあたたかくすることができることを夢として描き、それを実現することこそとても尊い成功と思うのです。
read more "抱負と夢 "

2018年11月16日金曜日

「希望に満ちた舞鶴」からの質問と回答

前回お伝えした、10月16日の城南中学校での講演会の後で生徒諸君から三つの質問を頂いたので、ここで回答させて頂きたいと思います。

質問①「人のために頑張る、というのは例えばどんなことがありますか?」(1年生)

身近な例では、お父さんやお母さんのお手伝いをすることがあると思います。純粋にお父さんやお母さんを喜ばそうと考えてお手伝いをすると、お父さんやお母さんの笑顔と共に「手伝ってくれてありがとう」という感謝の言葉をもらうことが出来ます。すると心がとてもあたたかく嬉しくなります。でもお駄賃をもらうためのお手伝いだと、お駄賃の額によって多ければ嬉しいし、少なければ残念に思ったり腹が立ったりします。お手伝いの内容によって、自分自身の心の中で勝手にお駄賃の額を決めてしまい、「100円くれるなら手伝うよ!」というふうに交渉してしまうようになります。さらには金額に応じた手伝い方になってしまいます。これだと、金儲けを目的にして仕事をしていることと同じになり、お客さんの喜びを自分の喜びとして感じることが出来なくなってしまうのです。お金を儲けることは大切なことですが、これは人生において目標でしかなく目的にはなり得ません。社会に於いてはどんなものにも価格があるわけですが、お客さんが納得して頂ける価格を決めることはとても難しいことです。お金という物差しを取り外して、心から人を喜ばせて自分自身が喜べることができた時、とても幸せな気持ちになります。だからどんなことでも人のために頑張ったつもりでも本当は自分自身が幸せになるために努力しているということになると思うのです。でももし人を喜ばせようとして努力しているにもかかわらず、自分自身の中で苦しみばかりを感じて、今だけじゃなく将来においても何一つ喜びを感じることが出来ないと思う行いなら、ひとまずそれを止めてみて冷静に広い視野で考え直すことも必要だと思います。

質問②「田中さんにとって睡眠とはどのようなもので、なぜここまで人々の役に立つものを開発できたのですか?」(2年生)

私にとってというより、生き物にとって睡眠とは生命維持の基本となるもので、呼吸の次に食事や排せつと共にとても大切なものだと思います。睡眠を効率よくとることが出来れば自然治癒力が高まり、健康な状態を維持しやすくなります。そこで快適な睡眠を得ていただくことが出来るよう睡眠環境としてもっとも重要な敷き寝具の開発をしようと決め、それも今まで日本になかった素晴らしいものを作って人々を驚かせようと考えました。そして約25年前に日本人に適したウォーターベッドを開発し、日本の有名なウォーターベッドメーカーの供給元として日本中でブームをつくったのです。でもウォーターベッドにはいくつかの弱点がありましたから、これをすべて解決することが出きればもっと多くの人々が驚き喜んでくれて「あなたのお陰でこんなに健康になれました」と感謝の声を頂くことができると考え、何とかジェルトロンという商品を開発することができました。そして現在も人の役に立てたという喜びを実感するのを楽しみに更なる素晴らしい商品の開発を続けています。

質問③「田中さんが会社をつくるにあたって、一番最初に目的にしたことや、信用・信頼した人はいますか?」(2年生)

私が自分の会社をつくるにあたってまず会社の「理念」を考えました。それを社是として「パシフィックウエーブは睡眠環境を通じ人類の魂・精神・肉体の健康向上に奉仕する」と決めました。社是を実践することによって「人々に喜んでいただき、その姿を見て自分たちも喜ぶ」ということを会社の目指すべき目的として毎日の仕事をさせて頂いています。その後ウォーターベッドからジェルトロンに進化する上で人類だけでなく地球上の生命体(陸生動物)すべてに活用できる睡眠環境の開発を目指すべきであると考え、ジェルトロンのロゴマークにはGEL PRODUCTS FOR TERRESTRIALという言葉が入っています。そして現在ジェルトロン商品は動物用としてもご利用いただいております。TERRESTRIALというと聞きなれない単語ですがE.T(EXTRA‐TERRESTRIAL)という映画をご存知の方が多いと思いますが、地球外生命体ということです。最後に信用・信頼した人についてですが、私たちは様々な人とのご縁によって生きているわけですから、私は先ずは人に対して性善説で考えるようにし、基本的に人を信用するところからご縁が始まると考えています。ようするに読んで字の如く「信じて用いる」関係の人は私にはたくさん存在します。しかし、信頼という「信じて頼る」関係の人は人生の中で部分的に成り立つものだと考えます。例えばお医者さんに手術をしてもらうといった場合は麻酔の効いた自分でどうすることもできない状態ですから、お医者さんに頼って自分の命を任せる関係です。もう一つの事例として、信用関係というのは「直立の私が後ろに倒れていくのでケガをしないようにしっかりと支えてね」とお願いして倒れていったとき、自分が考えているタイミングで支えてくれないと感じた瞬間に手と利き足を後ろに出してケガをしないように自分で自分を守る関係であると考えます。しかし信頼関係というのは支え役の相手にすべて任している状態ですから、支え役が失敗して自分が大ケガをしても支え役の人を一切責めず、自分が頼ったという事実を受け止めることのできる関係です。ですから仕事において、ある業務に関しては信頼して任せるといった部分的な信頼関係はありますが全面的な信頼は、してもされても困ることになると考えます。世の中に信用金庫があっても信頼金庫が無いということでもよくわかると思いますが、特にお金に関しては常にいざという時は自己責任で対処しなければならない信用関係が基本ということです。しかしながら「睡眠環境に関してはパシフィックウエーブに頼ろう、もしそれでダメなら諦めよう」と思って頂けるくらいにお客様から信頼を頂ける製品づくりとサービスを進めていきたいと考えています。

read more "「希望に満ちた舞鶴」からの質問と回答 "

2018年10月26日金曜日

希望に満ちた舞鶴

10月16日に城南中学校で同窓会主催による講演会を開催頂き、479名の生徒と先生や御父兄等の皆さんにお話をさせて頂いた。45分の講演は私にとっては短い時間だが、生徒の皆さんにとっては体育館で床に座った状態なので長く感じられたことと思う。その状況の中で生徒の皆さんの聴く態度は素晴らしかった。

この度の講演タイトルが「舞鶴の下町ロッケット」ということで、弊社商品がなぜロッケットに該当するのかという説明と共に今までの弊社の歩みを話させて頂いた後、以下の内容についてお話させて頂いた。

まず第一に、人生の目的は自分自身が幸せに生きるということ。その過程としてまず周りの人を幸せにすることが大切であり、人の喜びをそのまま自分の喜びとして受け止めることの大切さ。要するに貴方の一つの行いによって人から感謝されたり、人の役に立ったと実感できた時、幸せな自分自身がそこに存在しているということであると思う。人の為と書いて偽りと読むように決して人の為に生きるということではない。一つの行いが儲けに繋がるとか、楽できるといった直接的な自己満足だけで完結される行いには真の幸せは実感できないということをお話しした。

第二は、お金は使い道を決めてから儲け方を考える。その使い道にも人の役に立つ使い道が大切で儲けて貯めることばかりを考えていては、食事と同じで便秘状態になり病気になってしまう。お金は上手に循環させることを基本として、家族や友人やお客さんといった自分に関わる人々を喜ばす使い方をすれば必ず素晴らしいご縁が育まれることになるとお話しした。

第三に複数の視座を持つことの大切さ、視座というのは見る位置であり、それが複数あるということは複数の価値観で物事を捉えて考えるということ。価値観が複数で多様的になれば何事においても新たな発見がしやすくなり、人の価値観を受け止めやすくなるので、人に対して優しくなれるのだということをお話しした。

そしてまとめとして、ある病院に於いて2カ月という余命宣告を受けた人々が看護師に残したメッセージを紹介した。そのメッセージとは「人の目を気にしないで自分自身に忠実に生きればよかった」「もっと友達を大切にすればよかった」「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」というものであり、誰も「もっとお金持ちになりたかった」「もっと有名になりたかった」といったお金や地位や名誉といった内容は無かったとのことである。それなのに人間は元気なうちは、お金の尺度に振り回されて生きているのではないだろうか。要するに人間の究極の幸せは「自分らしく、人への思いやりを大切にし、人生を楽しむ」ということになるとお伝えした。

そして講演の終了後に生徒会長から「生きることの目的意識を持って目標の高校・大学を決め、しっかりと学んでいきたい」との力強い宣言とも思える素晴らしい謝辞を頂き、舞鶴の未来は希望に満ちていると実感し、心から賛辞の拍手を贈らせて頂いた。
read more "希望に満ちた舞鶴"

2018年9月28日金曜日

超能力とクリスタルボール

10月6日16時半から五老ヶ岳でクリスタルボールを体感いただくイベントをFM舞鶴さんの企画で開催させて頂く。本来は9月15日の予定であったが雨の為に延期となっていた。私がクリスタルボールを手に入れたのは約25年前にアメリカンインディアンの聖地であるアリゾナ州セドナから取り寄せたのもで、当時は日本にある最も大きなサイズのものであったと記憶している。インディアンも儀式のときにクリスタルボールを使用しているとのことで、その音色は非常に宇宙的で神秘的ともいえる。音楽を聴くというよりは音色を全身で吸収するという表現がふさわしいと思う。人間の体に存在する七つのチャクラと共鳴し、体が本来有している自然治癒力や自律浄化機能を活性させることにもつながり、自分らしく生きることへの自信が溢れてくる、そんな不思議なモノなのである。五老ヶ岳でのクリスタルボールのイベントはもう10年以上前に一度だけ開催させて頂き約100名の方々にご体感いただくことが出来た。演奏中にUFOらしき飛行物体を見たという方があり、とても盛り上がった。今回のイベントでは私の宇宙観のお話もさせて頂くと共に、FM舞鶴の番組の「寝ても眠れない日本人へ」の公開録音も開催予定である。

チャクラは肛門の少し前あたりに第1チャクラ(赤色)があり、丹田が第2(オレンジ色)、みぞおちが第3(黄色)、胸の真ん中が第4(緑色)、喉ぼとけの下あたりが第5(青色)、額の真ん中が第6(藍色)、頭頂が第7(紫色)となる。それぞれに特徴的な意味が存在し、これらチャクラを意識し稼働させるイメージを持てば生活リズムが安定し、健康に生活しやすくなる。


私は子供のころから超能力的な現象による不思議体験を重ねてきただけにこのクリスタルボールの持つ不思議な力に魅せられた。超能力というととても縁遠く感じるが、人はみんな超能力を持っていると言って過言ではない。なぜなら超能力を英語で表現するとESP (Extra Sensory Perception:感覚外知覚)ということであり、エキストラという言葉はレギュラーにたいして表現されると考えると、人間のもつレギュラーの感覚は五感であるから、この五感に属さない知覚は第六感として全て超能力ということで大らかに解釈すればいいと考えている。そしてこのESPにerをつけてESPer(エスパー)超能力者というわけである。差はあれども人間はみんな無意識のうちに五感以外の知覚を活用して生きていると思うので、みんな超能力者と言えると思うのである。クリスタルボールを体感いただきチャクラを活性化させることで、意識して超能力を活用することの面白さに気づいていただく方が増えるとするなら、まさに望むところであり、その方とのご縁を末永く育ませて頂ければ幸いである。

read more "超能力とクリスタルボール"